同僚と不倫関係になってしまった時の対応

前提として社内不倫は左遷・解雇の元

社会人になってからも出会いの場として、いくつもカップルを生んできた場所があります。それが職場。

だいたいどこの会社にも女性社員というものはいますね。喜びや不安を共有しやすい環境でもある職場の同僚の女性と、不倫することになってしまったという既婚男性は少なくありません。

常識のある方なら、ご存知のことかと思いますが、不倫は会社にすごく嫌われます。どれだけ不倫するカップルが多かろうが関係ありません。とにかく会社というものは社内不倫というものを嫌います。

なので、もしも不倫が上司や会社の偉い人にバレてしまった場合は、左遷や解雇という事にもなりかねません。そしてそれがきっかけで奥さんにもバレてしまうなんていうのもよくあること。

左遷や解雇になり、揚げ句の果てに奥さんに離婚され多額の慰謝料を請求されるなんてことになったら一気にどん底です。

たまに不倫相手が会社内のマドンナ的存在だったりすると、ついつい自慢したくて他の同僚に話してしまったりするパターンもありますが、自らバレる環境を作るなんて愚の骨頂です。

前提として社内不倫は最悪のケースに発展するという可能性を大いに含んでいるということを、まずはしっかりと自覚しておきましょう。 Read More

出会い系使うなら絶対にバレないようにしろ!

出会い系を使っていることがバレてはいけない理由

好きな女性ができて、その方と何年かの交際期間を経て結婚。最初の頃は気持ちもあって、毎晩抱きもした。でも時間が経つにつれて妻を女として見られなくなっていってしまった。昔はあんなに好きだったのに…

はい。これよくあることです。安心してください。アナタが悪いわけでも奥さんが悪いわけでもありません。

人間はどんなことにも慣れてしまうのが長所でもあり、短所でもあるからです。実際それで、出会い系に手を出して新しい女体を探す人なんて腐るほどいます。

ですが、ここで絶対にしてはいけないのが「出会い系を使っていることがバレてしまうこと」。決してバレてはいけません。

なぜバレてはいけないか?その理由と対処法をこれから解説していきたいと思います。

人間って真実がとっても好き。なぜならそれが本当にあったことだから。それはアナタの奥さんもそう。アナタが浮気しているのか、していないのか真実が知りたいと思っています。

でも、その真実をちゃんと受け止められるかどうかは本人にもわかっていません。 Read More

不倫カップルのデート代事情

不倫デート代はどちらが出す?

デートというものはどうしてもお金が掛かります。主に飲食代、ホテル代で、遠距離恋愛なら交通費も掛かりますよね。

特に不倫はお互いに家で料理を振る舞うだとか泊まるということができませんから、全て外でなんとかしなくてはいけません。不倫というのは節約が難しい恋愛なんですよね。

なので昔も今も基本的に、不倫は男女どちらか金銭的に余裕があるカップルしかできないものです。しかしネットやSNSの普及で既婚者同士がさらに簡単に出会えるようになり、余裕があろうがなかろうが不倫が自由にできるようになりました。

以前の不倫は、男が飲食代からホテル代、さらにはお小遣いまで出して付き合うといった感じでした。けれど今は働く女性が多くなった影響か、割り勘をしているカップルも少なくありません。

とはいえまだまだ、男が全て支払うもしくは男が多めに出す、というカップルがほとんどでしょう。男女問わずもし金銭的に余裕がある人なら、それを全面に打ち出したデートプランを練ることで異性から注目してもらえる可能性大です。

逆に自信がない人は無理をすると続きませんから、庶民派デートをうりにしたりちょっとだけ相手より多く支払う、くらいを心掛けてみて下さい。見栄を張らず「自分の財力に合った付き合い方」で納得してくれる相手を探すのが大事なのです。

Read More

不倫カップルにおすすめのデート場所は?

定番の不倫デート場所は個室居酒屋

不倫カップルのデートは、とにかく秘密を守りつつできるだけ密着できる場所が必要です。一般的なカップルであれば街中でイチャイチャ手をつないだり腕を組んだりしてもいいでしょうけど、不倫となるとイチャイチャする場所も選ばなくてはいけませんよね。

でも毎回ホテルで会ってホテルで別れるというのも味気ない・・・。そんなときは、個室が用意されている居酒屋で食事を楽しみましょう。

不倫カップルが安心して食事をするためには、物理的に「誰にも見られない」という環境を作る必要があります。食事中は二人きりなので、ちょっとエッチな話ができたり体に触れたりすることもできます。

その後ホテルデートが待っているなら、それに向けて気分が盛り上がる時間になります。

唯一、中は個室で人の目が気にならなくても、店に入るときにちょっと心配・・・と思うかもしれません。それならば二人で店に入るのではなく、その店を待ち合わせ場所にして先に着いたほうから店内に入っておくという方法がベストです。

帰るときも万全を期すならば、バラバラに出て別の場所で落ち合うようにすれば完璧です。

Read More