無料ポイントで会えるかも!?

あの人気サイトのデジカフェのオトナバージョン「ウラデジ」が、今なら無料ポイントを使ってアレコレできる!出会い掲示板はやっぱり自分で使ってみないと分からない。この機を逃すのはもったいないですよ!

既婚者の90%以上が選んだ!出会い掲示板TOP3

会員の豊富さ、使いやすさ、出会いやすさ、安心感。
実際に利用した既婚者に厳しく評価し、選んでもらったのがこの3サイト!優良サイトであることは皆さんのお墨付き。あなたはどれを選びますか?

既婚者向け優良出会いサイトの選び方 最新1件

既婚者が出会い「アプリ」を使っちゃダメな理由

アプリしかない出会い系はダメ

既婚者が出会い「アプリ」を使っちゃダメな理由最近は何でもかんでもアプリ!って感じですよね。でもアプリの中には、元々あるサイトを見やすくするためアプリ化してあるパターンと、最初からアプリしかないパターンの2タイプあるんです。

結論から言うと、既婚者さんは後者の「アプリしかない出会い系」は使わないほうが良いです。なぜなら、アプリはここ数年で登場してきたものなので、まだ実績が少なかったり10代20代といった若者向けになっているからです。

親や上司など目上の人と食事に行くとき、老舗の料亭と今年オープンした料亭ならどちらを選ぶでしょうか?安心なのは老舗の料亭だと思います。

今まで人々に親しまれてきたから長年続いているわけなので、実績や安心感があります。サービスも大人向けでしょう。出会い系も全く同じで、同じ料金を支払うならアプリのない頃から今まで潰れずに人気を保ち続けているサイトのほうが良いですよね。

老舗のサイトは幅広い年齢層からの知名度もあるので、不倫にも向いています。なのでサイトがアプリ化されているアプリは使っても良いですが、調べてみてアプリしかないサイトは避けたほうが無難でしょう。

記事の続きをよむ →

既婚者のための出会いメールテクニック 最新1件

コロナ自粛の今こそ出会い活動を!

コロナ自粛でライバルが少ない

新型コロナウイルスが猛威を振るっている今、イベントやショッピングはもちろん。知り合いや友人同士の集まりでさえも自粛している人が多い状況です。ましてや他人同士の出会いなんて、一番警戒されて後回しにされるものであることは間違いありません。

しかし逆に考えてみると、人が少ない=自分に目が向くチャンス!と考えることもできます。出会い系サイトの人口率は、老舗の優良サイトであれば男女比はおよそ6:4か7:3、その他の新興サイトでは2:8程度となっていますが、いずれにしても男性の方が多いです。

女性でもコロナ怖い!と利用を止めている人はいますが、女性は利用料が無料なので、いい人がいたらと今までと変わらず利用している可能性が高いです。それよりも人数が多く年齢層も幅広い(中高年~熟年世代も多い)男性の方が、身の安全を考えて一時休止する割合のほうが多いのです。

男性は女性に見つけてもらいやすくなるし、女性は多少メール数が少なくなるくらいであまり変化はなく利用できます。大勢と同じ動きをしていたら、せっかくのチャンスを逃してしまうのです。いつもは他の人に取られてしまうような素敵な男性・女性が自分と会ってくれた!なんてラッキーもあるかも。

記事の続きをよむ →

目的別!既婚者が簡単に出会う方法 最新1件

女友達が欲しい!モテたい男の出会い術

女友達が多い男ってカッコイイ

あまり交友関係が広くない、友達が少ない、飲みに行ける仲間がいない・・・。インドア派で人付き合いも嫌いで、そもそも交友関係が広いことに憧れないタイプであれば問題ないのですが、スケジュール帳が予定で詰まっていそうな男を横目で見て羨ましく感じているなら「女友達」作ってみたらいかがでしょうか。同じ友達という関係でも、異性の友達って何だか特別なんですよね。お互い異性として意識はするんだけど一線は絶対越えない、付き合い方自体は食事や娯楽を楽しむなど男友達と全く一緒。女友達の前ではいつものTシャツとGパンではなく、ジャケットを着てみたり磨いた靴を履いてみたり。女友達が多い男というのは、確かに一線を越えてしまうとただのチャラい男なんですが、あくまでも友達で留めているのに周りに女性が集まってくる男、なのでかなり人付き合いが上手と評価されます。つまり「めちゃくちゃカッコイイ!」んですよね(笑)不倫はこのご時世大変そうだし、バンバンセックスがしたいわけじゃない。単に、人としてモテる経験がしたい!意外とそういう男って多いんじゃないですかね。

記事の続きをよむ →

賢い不倫の楽しみ方を知ろう! 最新1件

不倫カップルのデート代事情

不倫デート代はどちらが出す?

デートというものはどうしてもお金が掛かります。主に飲食代、ホテル代で、遠距離恋愛なら交通費も掛かりますよね。

特に不倫はお互いに家で料理を振る舞うだとか泊まるということができませんから、全て外でなんとかしなくてはいけません。不倫というのは節約が難しい恋愛なんですよね。

なので昔も今も基本的に、不倫は男女どちらか金銭的に余裕があるカップルしかできないものです。しかしネットやSNSの普及で既婚者同士がさらに簡単に出会えるようになり、余裕があろうがなかろうが不倫が自由にできるようになりました。

以前の不倫は、男が飲食代からホテル代、さらにはお小遣いまで出して付き合うといった感じでした。けれど今は働く女性が多くなった影響か、割り勘をしているカップルも少なくありません。

とはいえまだまだ、男が全て支払うもしくは男が多めに出す、というカップルがほとんどでしょう。男女問わずもし金銭的に余裕がある人なら、それを全面に打ち出したデートプランを練ることで異性から注目してもらえる可能性大です。

逆に自信がない人は無理をすると続きませんから、庶民派デートをうりにしたりちょっとだけ相手より多く支払う、くらいを心掛けてみて下さい。見栄を張らず「自分の財力に合った付き合い方」で納得してくれる相手を探すのが大事なのです。

記事の続きをよむ →

出会えた!既婚者出会い体験談 最新1件

不倫したら相手の旦那に喜ばれた?/既婚者出会い体験談

  • 年代:30代
  • 性別:男性
  • 利用した出会いサイト:PCMAX

もう今年39歳だというのに妻はおろか彼女もいない。だが一軒家だけは買った。
30年ローンだが、エリア内では高級住宅街に分類されるところで2階建て5LDKの一軒家だ。これもひとえに仕事一本でずっとやってきたからだろう。
いつでも結婚する準備はできている。しかし相手がいない。
ということで出会い系サイトに登録。
そして居住地の近い独身女性と会う約束をしました。
しかしやって来たのは、近所でよく見かける若い奥さんでした。
「あれ?近所の・・・えっと・・・」
「Tです・・・」
バレてしまった!というオーラがバンバン伝わってくる。
だってTさんは既婚者なんだから。こんなことしていたらダメに決まってる。
彼女は私に、今日のことはどうか内緒にしてほしいと懇願してきました。もちろん誰にも言うわけがない。
今回はお互い戦果がなかったということでそのまま近場の喫茶店でお茶しました。
「Tさんはたしか結婚されていましたよね?」
「あ。はい。でも最近離婚になりそうで、つい」
まぁ事情があるのだろうから、あまり深くつっこむことはやめておこうと思ったらTさんは意を決したように今までの思いや境遇について話し始めます。

どうやら彼女はいいところのお嬢様で、今の旦那さんとは政略結婚みたいなものらしい。だが、最初の方こそ優しかった旦那さんだが、彼女のお父さんが亡くなり旦那さんが社長職を引き継ぐと豹変したようです。もうお前の役目は終わったと言わんばかりの態度で日々罵詈雑言を浴びせられるとか。
さらには家に知らない女の人を妻がいるにも関わらず入れて毎晩情事にふけっているんだとか。
なんとも酷い話だ。
まぁまとめると、旦那さんは奥さんの財産や会社が目当てだっただけということらしい。それで不安と寂しさでつい出会い系を始めてしまったんだとか。

この時はまだ、こんな可愛い奥さんになんの不満があるんだろうかくらいにしか思っていませんでした。スタイルもいいし、顔も若干某アイドルに似ている。なんなら僕とセフレになりませんか?どうせ旦那さんもやっていることだし~とか言ってみたかった程度にしか考えていませんでしたw
しかしこのことを切っ掛けに頻繁に相談に乗ることになり、段々と気持ちが奥さんに向いていくようになりました。なんというか、本当にお嬢様で、世間一般的なことをあまり知らなかったり、天然というんですかね、ドジばっかです。
多分こんな奥さんだから旦那さんは嫌になったんだと思うんですが、私にとっては萌え萌えです。可愛くて仕方ない。いつの間にか本気で彼女を愛するようになっていきました。
自分の気持ちに気づいてからは、奥さんの相談よりも私が言い寄る場面の方が多くなっていきました。彼女も私の猛烈なアピールにとうとう折れ、初めての夜。どうやら奥さんが何時に帰ろうが、朝帰りしようが旦那さんはお構いなしのようで、ほぼ毎日のように私の家にいりびたるような生活に。
段々と私という存在が彼女の中で大きくなっていったようで、いつの日からか相談事もどうやって財産をしっかり分けて旦那と離婚するかというものに。

そして話がまとまったところで二人で旦那さんを訪ねます。
一応私は奥さんの友人で相談にのっていたという呈で押しかけますが、旦那さんはかなり嬉しそう。
「ようやく離婚してくれんのか?お前から全然言い出してくれないからどうしようかと思ってたよ」とのこと。
財産を分ける話も多少私達が折れる形にはなってしまいましたが、特に多くは求めていなかったということもあり、とんとん拍子で進んでいきます。
そして、離婚も成立し彼女と同棲するようになって1年。元旦那さんから私にLINEが飛んできます。
「あなたが相談に乗ってくれた事で、無事離婚に辿り着けて感謝しています」という内容だ。
ちょっとムカツイタがみんなハッピーになりました。