キャンプ場のテントの中で声を押し殺して交わる二人/既婚者出会い体験談

  • 年代:50代
  • 性別:女性
  • 利用した出会いサイト:ウラデジ

仕事をする事が好きで家庭の中に治まりたくないと言う条件で、結婚してから20年以上が過ぎてしまいました。主人に束縛される事などは無く、お互いに好きなように生きていて、わたしは毎年有給休暇を利用して年に一度は不倫旅行に行って楽しんでいます。

毎年違う男性と旅行をするのが目標で出会い系サイトを利用してきたのですが、中々思い道理にはいかなくて、毎年男性を変えるのは難しいですね。
誰でもいいと言うわけにはいかないので、一人旅になる事もありました。

今回見つけた男性とは、まだ数度だけお会いしただけで不倫関係にはなって無いのですが、感じのいい人でアウトドアが好きな男性です。
一緒に自然を満喫したいから、キャンプにでも行かないかと誘われてしまいます。

わたしはアウトドアの経験が無くてキャンプなどもしたことが無く、興味すら湧かなくて考え込んでいたのですが、無理やり納得させられて出掛けることになってしまいます。
仕方なく一つだけ条件を付けて貰いました。
温泉の方がいい、そう言って帰りに温泉に泊まって美味しいものが食べたいと、それで良ければ行くと納得させて行動開始となりました。

彼の車にはキャンプ道具がびっしり用意されていて、流石に慣れたものだと感心させられながらキャンプ場へと向かって行きました。
用意してくれた食事を済ませ、テントの中で眠ります。

当然男女が二人なので、どちらからともなく求め合うのですがキャンプ場なので、少し離れた処にある他のキャンパーが気になって、声を押し殺して交わることになりました。
バレたら…というスリルと快楽に溺れます。

しかし三日が限度で、温泉で同じ三日宿泊すると駄々をこねて美味しいもの三昧の日々を満喫し、身も心も満たされて帰ることが出来ました。
彼とは、いまだにお会いすることがあり身体の関係も時折続いていて、主人よりは仲のいい関係ですね。

勿論新しい男性も出来ていて、違った楽しみ方も味わっています。

浮気の思い出とお茶飲み友達の男性/既婚者出会い体験談

  • 年代:60代
  • 性別:女性
  • 利用した出会いサイト:PCMAX

若いころCAをしていた関係でパイロットだった旦那と28歳で結婚し、3人の子供を無事育てました。
今は皆それぞれ独立して生活しています。
当時の旦那は女にだらしなくて困ることが沢山ありました。

結婚生活10年を過ぎた辺りだったか、一人の女性から私と話したいという連絡を受け呼び出されました。
お腹に旦那の子供がいて産みたい、迷惑はかけないし旦那とも既に別れた、ただ事実だけは私に伝えておきたい、そう言われました。
さあ大変です、頭の中が真っ白でそのあとのことはあんまり記憶がありませんし、その人とどう別かれたのかも思い出せません。
いろんなところ飛び回って忙しい旦那でしたが、なんとか向き合って話をしても、もう済んだことだの一点張りでした。
こんな事が明るみに出た以上神経が研ぎ澄まされたようになって、旦那の行動全てが気になり始めました。
服についてる物や、匂いまでも気になってしまって…当時はすごくピリピリしていたと思います。
…旦那はそれからも何度も浮気していたと思います。女関係が途絶えたと思った事はありませんでした。
でも子供たちのことを思うと離婚もできず……

そんな生活をずっと続けて(まぁだんだん諦めて浮気なんてどうでも良くなりましたが笑)
3年前に旦那が他界して、今は一人でのんびり暮らしています。

少し前に友人からPCMAXという出会いサイト紹介され、お茶飲み友達の男性ができました。
お互いの昔話を話しながら笑えているのは、幸せな生活をしている証だと思います。
月日が過ぎれば辛いことも只の思い出に過ぎません。
まだ男女の中になるような出会いはありませんが…もう少し時間が過ぎたら私も少しくらい遊んでもいいかな…?なんて。もうこの歳では無理でしょうか?笑
とりあえず、これからも子供たちには迷惑かけない程度におひとり様の生活を楽しんでいきたいと思います。

このままでは駄目なのに/既婚者出会い体験談

結婚生活10年。子供が欲しいのですが未だ授からず、病院で検査を受けてみると私ではなく旦那の方に問題があって、乏精子症と診断されました。
妊娠の可能性はあるのですが極めて低く人工授精、体外受精、顕微授精等の不妊治療を行うことをすすめられています。

どうすればいいのか夫婦で話し合っていますが、中々結論が出せず……客観的に話ができる男性の相談相手が欲しくて旦那には内緒で出会いサイトを始めました。
数名の男性とのやり取りの中で一人すごく親身になって相談にのってくれた方と直接会ってお話をする事になりました。
一回り以上年上の既婚者の方です。その方は無精子症という旦那よりも重い症状で治療にお金が掛かり過ぎる&高額な治療費を払っても赤ちゃんができない可能性もあるから諦めたと言っていました。

相談内容が内容なだけにお店で話すようなことじゃないから、二人っきりになれるところに行こうと会う前から話して決めていたので、その日はホテルに行きました。
けど何もされず本当に親身に相談にのってくれて最後はお礼を言ってお別れいたしました。

もともと優しくて親切な男性に弱くて、イケナイ危ないと思いつつもまた会いたいって気持ちが抑えきれず、すぐにまた会ってその時セックスしてしまいました。

それからも会わずにいられず、お互い既婚者同士の不倫関係です。
生でしていますが妊娠の兆候はありません。
もし妊娠したら…と考えると怖いのですがどうしても会うことをやめられないです。

アーバンデートを楽しみました/既婚者出会い体験談

  • 年代:50代
  • 性別:女性
  • 利用した出会いサイト:ウラデジ

この年まで独り身で通しています。結婚生活に憧れは無く同棲が好きで、これ迄に三人の男性と同棲生活を楽しんで来ました。
SEXも好きな方だと思っていますが、相性が合わない男性というのは居るもので、そんな合わない方とはワンナイトで終止符をつけ、二度目の関係を持つことはありませんでした。

そんな訳で男性遍歴も多い方だと思います。共に生活する男性とセフレでお付き合いの両立が私の理想です。今現在はセフレは居ても同棲相手無しという状況なのでココ、ウラデジで本命探しをしています。
数名の方とのやり取りをしながらお酒好きなある男性と話が進み、お会いしてみることにしました。

少し早めに着いていた私にハンドルネームで声を掛けて下さった男性は、白いTシャツにジャケットを羽織った大人びた方で、お食事からBARへと連れて行ってもらいアーバンデートを楽しみました。

彼はBARで、まず最初にアルコール度数も低めでクリームとろみが絶妙なベイリーズミルクを注文してくれましたが、私は酔っぱらいたかったのでボウモア18年のストレートをシングルでもらいカクテルはお断りしました。
驚いた彼は同じボウモアをロックでもらい乾杯しグラスを合わせました。

ふしだらな自分を見抜かれたくなくてこの日はそのままお別れしましたが、もう一度お会いすればホテル迄行きそうな雰囲気になってました。

いい男はいるものですね。彼は本命の第一候補です。

熟した身体をいただきます/既婚者出会い体験談

少し緊張と抵抗感があるのか、手を体の前で組んでモジモジする熟女としえさん(仮名)。御年62歳。
としえさんとは一番初めは食べ歩きの趣味で知り合い、6回も食事デートを重ねた。

何度も食事をしていると自然と深い話にもなる。イタリアンのランチタイムにワインを一杯付けたときは、今までに見られなかった赤裸々なとしえさんの素の姿が拝めた気がする。

そしてつい最近の7回目のデートで、とうとう僕たちは関係を持った。お互いに距離を保ちつつも、一線を超えるか超えないかで超える方へと天秤が傾いたとでも言おうか。

ホテルを選んでいるときも、どうしよう、どうしようと悩んでいたがこうなれば女性は話が早い。背中を押してくれるのを待っているだけなのだから。そうは言ってもこちらも少々照れはある。今まで年上のお姉さんのような感覚で食事デートを繰り返してきたため、いきなり男を見せるのはこっ恥ずかしい。

としえさんはベッドに入るまで手がグーの状態ですごく緊張しているようだったが、キスから乳首に舌を這わせると熟した色気のある声がかすかに聞こえ身体全体の力がフッと抜けた。

「これから何するか分かる?してもいい?」と言うと小さく頷く。まるで処女のようで可愛らしい。としえさんの中に入ると、とても熱くて気持ちいい。そういえばいつかの食事時に、私体温高いのよ、なんて言ってたっけ・・・と余計なことを思い出しながら腰を休みなく動かす。

感度は高いようだったけどイカせることはできず一人相撲になってしまったが、としえさんはぎゅうっと僕の肩に手を回して「すごかった」と言ってくれた。