今だけ無料ポイント進呈中!

あのPCMAXが、今ならたっぷり500円分の無料ポイントを進呈中!出会い掲示板はやっぱり自分で使ってみないと分からない。この機を逃すのはもったいないですよ!

既婚者の90%以上が選んだ!出会い掲示板TOP3

会員の豊富さ、使いやすさ、出会いやすさ、安心感。
実際に利用した既婚者に厳しく評価し、選んでもらったのがこの3サイト!優良サイトであることは皆さんのお墨付き。あなたはどれを選びますか?

不倫デート代はどちらが出す?

デートというものはどうしてもお金が掛かります。主に飲食代、ホテル代で、遠距離恋愛なら交通費も掛かりますよね。

特に不倫はお互いに家で料理を振る舞うだとか泊まるということができませんから、全て外でなんとかしなくてはいけません。不倫というのは節約が難しい恋愛なんですよね。

なので昔も今も基本的に、不倫は男女どちらか金銭的に余裕があるカップルしかできないものです。しかしネットやSNSの普及で既婚者同士がさらに簡単に出会えるようになり、余裕があろうがなかろうが不倫が自由にできるようになりました。

以前の不倫は、男が飲食代からホテル代、さらにはお小遣いまで出して付き合うといった感じでした。けれど今は働く女性が多くなった影響か、割り勘をしているカップルも少なくありません。

とはいえまだまだ、男が全て支払うもしくは男が多めに出す、というカップルがほとんどでしょう。男女問わずもし金銭的に余裕がある人なら、それを全面に打ち出したデートプランを練ることで異性から注目してもらえる可能性大です。

逆に自信がない人は無理をすると続きませんから、庶民派デートをうりにしたりちょっとだけ相手より多く支払う、くらいを心掛けてみて下さい。見栄を張らず「自分の財力に合った付き合い方」で納得してくれる相手を探すのが大事なのです。

金の切れ目が不倫の切れ目?

不倫はとにかく会って楽しもうとすればその瞬間にお金が掛かってきます。不倫でなければ手を繋いで街中をブラブラするだけでもデートになりますが、なるべく人目に触れないデートをしようとすると、飲食代や移動費が掛かってしまうんですよね。

だから極端な話、その資金源がなくなるとデートができなくなります。
別に贅沢なデートをしたくて不倫してるわけじゃない、気の合う好きな相手といられればいい。そんなカップルも多いと思います。

だけど出会ったばかりの時はお互い頑張って素敵なデートを演出しようとしていたのに、今では車を道端に停めこそこそ会っている・・・なんて、どうしても落差を感じますよね。この小さな不満が重なり別れに繋がったりするんです。

相手が好きか嫌いかではなく「非日常感」を不倫の醍醐味にしている人も多いので、こんな貧乏臭いデートしかできないならしている意味ないな・・・と夢から醒めてしまう人も多いですね。

不倫を長く続けるならドカンと贅沢をするよりも、あくまでも「婚外恋愛」として一条的なデートを細々と重ねていくのがベストです。そのレベルのデートが維持できるなら金の切れ目は生まれないので縁も切れにくくなります。

不倫デート代を節約するには?

不倫に掛かるデート代は、デートの内容にもよりますがもう一つ「会う回数」でも変わってきます。

一回あたりのデートを贅沢仕様にしても、会う回数が他のカップルより少なければ出費は同じかそれ以下になるわけです。なので不倫デート代を節約したければ、不倫に対して自分と似た価値観を持っている人を選ぶことです。

自分が頻繁に会いたいタイプなのか、それとも贅沢したい主義なのか。
一番良いのは頻繁に会えて毎度贅沢ができるデートに決まってますが、現実的に考えてそれは難しい。ならばどちらのほうが理想の不倫に近いのか、基本となる考えが似た人だと無理せず二人で工夫して楽しめるわけです。

また、不倫で掛かるお金は食事代とホテル代が主ですから、それぞれのレベルを下げたり、贅沢するとき節約するときの緩急をつけたりすればちゃんと節約になります。

いつも変わらず普通レベルの飲食店やホテルを使うほうが合っているカップルもいれば、いつもは安めの飲食店やホテルを使いたまに高めのところを使う、といったほうが楽しめるカップルもいるでしょう。

このように節約といっても、貧乏デートにするわけではありません。デートの内容や回数を話し合うのも、不倫を続ける大事なコミュニケーションだと思います。