今だけ無料ポイント進呈中!

あのPCMAXが、今ならたっぷり500円分の無料ポイントを進呈中!出会い掲示板はやっぱり自分で使ってみないと分からない。この機を逃すのはもったいないですよ!

既婚者の90%以上が選んだ!出会い掲示板TOP3

会員の豊富さ、使いやすさ、出会いやすさ、安心感。
実際に利用した既婚者に厳しく評価し、選んでもらったのがこの3サイト!優良サイトであることは皆さんのお墨付き。あなたはどれを選びますか?

会ってくれない人とメールする時間はムダ!

mail06独身とは違って、スピーディ・慎重に出会うことが求められる既婚者。秘密を厳守するなら、なるべく出会いサイトにアクセスする時間もメールの数も短く少なく-を意識したいものです。

だけど、メール交換ができた相手全員と会えるとは限らないのがネットの世界。理想だけでいえば会える見込みのある人とだけメールしたいものですが・・・。

出会いサイトは仮にも出会いを前提としたコミュニティですから、相手も誰かと会うつもりで参加しています。なのになぜメール交換を続けても会えないのか?というと、自分が相手にとっての理想の人物ではないからです。

つまりこっちが会いたくてもあっちは会うほどではない・・・と思われている可能性があるんですね。
こうなればいくら頑張っても暇つぶし・キープ相手としか見てもらえません。

2~3週間もメールして結局会えなかった!とならないように、会ってもらえそうにない人とは早めにおさらばしましょう。そんな、頑張り甲斐がない相手を判断するコツを見ていきましょう。

会ってくれる人は「具体的な話が多い」

人間関係では、初対面でも仲が良くても「社交辞令」が使われます。
今度行くね~とか連絡するね~とか、誘うほうも半ば無理だろうと思いながらも一応声を掛ける程度のスタンスなので、ダメだった場合でも大きく傷つくことはありません。

ネットでは他人同士で、もちろん会うなら初対面になります。メールでも出会ってからも社交辞令だらけになるでしょう。だけど会ってくれる人は、こちらが食事に誘ったりすると具体的な店の提案やスケジュール確認などをしてくれます。

もちろんそれまでに何気ないメールを数日やりとりしてある程度仲良くなっておく必要はありますけどね。

反対になかなか会ってくれない消極的な人は食事に誘っても、いいですね~とか楽しそう!とか、まるで内容に進展がありません。単にほんわかしている性格なだけで本当に乗り気で楽しそう~と発言している場合もありますが、どちらにせよこういうタイプと実際に会う話までこぎつけるには結構な時間が掛かるでしょう。

早く会ってくれる人であればあるほど、早くから具体的な話をしてくれる人が多いです。

会ってくれる人は「秘密厳守の既婚者」

自分が既婚者の場合、相手が独身でも既婚者でも不倫ということになります。
どちらにもメリットデメリットがあって、相手が独身の場合のメリットは自由なので会いやすいこと、相手が既婚者の場合は同じ立場で秘密が厳守しやすいということ。

そしてデメリットは、独身の場合本気の恋愛に発展したときの対処、既婚者の場合は相手方の家庭にもバレないように注意しないといけないなどがあります。

だけど、会いやすい、会ってくれるというポイントで見ると、圧倒的に既婚者を相手にしたほうが正解です。
なぜなら、こちらが既婚者の立場で早くメールを済ませて会いたいと思っているのと同じで、相手の既婚者も同じように思っていることが多いからです。

もちろんまずお互いを知ってから~なんていう既婚者もいるのはいますが、メール恋愛を楽しみたい独身と違ってそれは相手の人柄の確認だけの場合が多いです。

既婚者である以上ある程度信頼できる相手と出会い、エッチしたい。だから少しメール期間が長くなったとしても、既婚者なら会ってくれる確率も、そのあとのお楽しみができる確率も高いのです。